電気工事に使う工具 | 電気工事の配線:配管材料

スポンサーリンク

電気工事に必要な配線材料の紹介

電気工事に必要な配線材料はこちら

電気工事といえばやはり、配線作業がメインの作業ですね。

 

建物の隅々まで電気を供給するためには、
この配線作業が非常に重要になります。

 

今更、こんなことを書く必要もなく、みなさんならご存知のことでしょう。

 

また、配線作業に必要な材料なども、熟知されていると思います。
でないと、安全確実な配線作業など、到底行うことなどできませんからね^^

 

私も、永年電気工事を職業としてきましたので、
一通りのことは解っているつもりですが、
電気工事も、社会の発展や、最新テクノロジーの導入などによって、
少しずつ、変化してくるもので、
その変化に対応するために、配線材料も少しずつ変化しています。

 

また昨今は、熟練の電気工事士さんが、ご高齢になられたり、
その他の理由で、引退され、技術の継承が、しずらくなり、
基本的な結線などもあやふやな電気工事士さんも見かけるようになりました。

 

しかしそれを補うように、工具も進化し、
配線材料なども進化を続けています。

 

それでも、電気配線の基本は、変りませんから、
電気工事士として、安全、確実な電気工事を行うことは、
これからも最大の責務であり続けるでしょう。

 

施工材料が解れば、その施工方法も、おぼろげながら見えてくることもあるでしょう。
また、材料を知っておけば、施工方法を教わったときにも、
理解が早まり、スムーズに現場での作業に移行することができると思います。

 

これは、かつて私が電気工事会社に入社した当時の経験ですが、
まだ今のように、インターネットも普及しておらず、
材料を探すのも、全てメーカーのカタログを一つ一つ探していたものでした。
それでも私は、時間があるときには、極力、カタログなどを見るようにしていたものです。
そして、会社が休みの日には、知り合いの電気屋さんの現場作業を手伝い、
施工方法などを学んだ経験があります。

 

そのおかげで、さまざまな場面での電気工事を学ぶことができ、
必要な資格も取得することが出来た上、
独立開業してからも、どのような電気工事の依頼があっても、
何の超著もなく、請け負うことができてきました。

 

今でも、全てを知っているとは言えませんが、
自分が知らないような工事の場合には、
その工事を熟知している知り合いの電気工事士さんにお願いしたりして、
またその施工方法などを勉強させていただいたりしています。

 

つまり、自分の努力も大切ですが、
最終的には、人間関係を大切にしておくことが、
一番大切だと私は考えています。

 

みなさんも、横のつながりを大切して、
より良い電気工事ができるようにしておいてくださいね。

 

電気工事を早く理解するためにも、使用材料などを数多く見て、
頭の片隅に入れておくことは、とっても大切なことだと、私は考えます。

 

と、少しまじめな話をさせていただきましたが、
変りゆく電気工事に必要な配線材料などを紹介しておきますので、
みなさんの日々の業務に活用してください。

 

カテゴリ内容は、下記にて確認いただき、
必要なものをご覧ください。

電気工事に使える便利な工具

 

コンクリート埋設用配管材や露出配管材は、こちら

 電気工事の配管材料

 

掲載が間に合っていないものは、
準備が整い次第、掲載していきますので、お見逃しなく!

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

スポンサーリンク

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る

電気工事の配線:配管材料記事一覧

VVF(VA)ケーブル

配線には、VVFケーブルがなくちゃネ^^電気工事で一番多く時間をとられるのが配線作業ですよね。建物の形ができてくるにしたがって、屋内での配線作業を行うわけですが、この段階では、まだ間仕切りなどができてないことも多く、図面を参照しながら、間仕切り位置やスイッチ、コンセントなどの配線器具や照明器具などの...

≫続きを読む

Wago(ワゴ)差込コネクタ

Wago(ワゴ)差込コネクタで結線作業を簡単に電気工事の結線に使われる、Wago(ワゴ)差込コネクタを紹介しています。少し前までは、リングスリーブによる圧着での結線が主流でしたが、昨今では、そんなことをしている電気工事士さんを見かけることも少なくなりました。今では、一般住宅から、ビル、マンションなど...

≫続きを読む

ジョイントボックス

結線の最後はジョイントボックスで締め電気工事の結線で最後に取り付けるのが、ジョイントボックスですが、最近、ジョイントボックスが取り付けられていないものを時々見かけますが、みなさんは、取り付けてますか?電気工事士の資格を持っている方なら、結線部分にジョイントボックスが必要なことは、ご存知だと思います。...

≫続きを読む

リングスリーブと保護カバー

結線部の絶縁作業も簡単に^^電気工事で結線は、避けては通れない大切な作業ですよね。いくら配線作業が、きれいで完璧でも、最後に行う結線で間違ってしまっては、台無しです(+_+。)そのために、こちらでも、Wago(ワゴ)コネクタを紹介しましたが、Wago(ワゴ)コネクタとともに、リングスリーブを用いた結...

≫続きを読む

ケーブルハンガー

ケーブルハンガーで配線作業を効率的に^^電気工事では、配線作業が、大きなウエイトを占めますよね。木造住宅から、RC の建物まで、どんな建物でも、屋内配線作業はつきものですが、建物の構造により、その配線方法もさまざまですし、内装の仕上げ方法によっても、その配線方法は、変ってきます。例えば、同じRC で...

≫続きを読む

電気工事の配管材料

RC埋設用や露出配管に必要な材料はこちら電気工事を行うRC造の建物で行うのが、建込み配管やスラブ配管だとゆうことは、みなさんご存知でしょう。それとは別に、電気室や機械室、外部などで行う露出配管など、電気工事の配管と言っても、その場所によって、施工方法も違いますし、使用する材料も自ずと違ってきます。そ...

≫続きを読む


無料カウンター